祗園城跡(小山評定舞台めぐり1)

2006年9月22日

東京駅から長野新幹線にて小山へ向かいます
そんなに遠くないのであっと言う間に到着してしまいます
(乗車時間が短いのでちょっと物足りないかも)

小山駅の改札を出て長い連絡通路を歩いて東口へ
地図を見て目印を探しますが見当たりません
よく見たら西口に行かないと駄目なんでした・・・
また長い連絡通路を歩き西口へ

駅前からひたすらまっすぐ歩きます
途中に歩道橋がありますが
その歩道橋に 小山評定通り とあります

画像



やっぱこういう名前が付くんですね
(余談ですがあちこにち 開運の地 と書いた旗(のぼり)がありました)

歩道橋からすぐの左手に小山会議の舞台になった地があります
(現在 市役所)
とりあえず城山公園に行くので素通りします

そのまま歩いて行くと右手に入口が見えてきます(駅から10分くらい)
観晃橋が架かった川の手前なのですぐ分かると思います

祗園城跡なんですがほとんど何も残ってません
(廃城になってるので)

画像
入口入ってすぐのところ


画像
本丸広場(奥はトイレ)


奥に行くと橋があります

画像
なんか立派だな・・・


画像
これは堀跡なのかな?


更に奥に行くと広場があって(元は曲輪)そこに展望台があるんだけど
ここから何を見ろと言うのか・・・

画像




ちなみにこの城は徳川きっての謀臣
本多正信の長男の正純の城でもあったんです
(案内板見て初めて知りました)

小山御殿広場へ向かいましょう

小山御殿広場(小山評定舞台めぐり2)

アルバムはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック