龍頭の滝(日光旅行3)

2006年9月22日

湯滝を観賞し終え次は「龍頭の滝」へ向かいます

湯滝入口からまたバスに乗り少し戻ります
(進行方向左側に座るのがお薦め)

窓の外を見ていると「龍頭の滝」の始まりの部分が一瞬見えます

そこからすぐのバス停「竜頭の滝」で下車
案内板通りに歩きます

歩く事3分ほどで 滝の正面へ30歩 と書いた看板が見えてきます
土産物店の中を抜けると正面に「竜頭の滝」が見えます


画像



画像




自分的にはどう見ても 龍の頭 には見えませんでしたが
滝としての魅力は十分です

たっぷりと観賞します(まぁ10分ほどですが)
(だんごなどを食べながら座ってのんびり観賞も出来ますよ)
(時期と時間帯によっては無理でしょうが)


画像
土産物店の前にあった水吐き竜



土産物店の横を抜け奥の階段を上ると
左手に流れる滝を見ながら歩ける道があります
(ちゃんとした道ですよ)

坂道と階段とちょっとした広場が交互に続きます
広場では柵越に滝がすぐそばに見えていい感じです

画像



画像



どんどん上っていくとバスで通過した道路に出ます
橋の上からすぐ真下を流れていく滝を眺められます
(滝壺よりこっちのほうが良いかも)

画像




橋の反対側(上流方面)を見てみると

え?こんな幅狭いの?
橋の反対側(下流方面)であんなに広くなるのに?

という感想を皆が思う事でしょう

画像




ちなみにここから男体山が見えます
滝と滝の流れる音と男体山とで
雄大な自然を感じましょう
(無粋な車の音と人声は自己フィルターでカットしてください(笑))
ちなみにここ標高1355mです

画像




すぐ側にあるバス停から再びバスに乗り
「華厳の滝」を目指します

湯滝(日光旅行2)

華厳の滝(日光旅行4)
 
アルバムはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日光旅行

    Excerpt: お盆に突然来日すると言ってきたフランス人の友人と日光へ行ってきました。実は彼はこれが2回目で、私が初めての経験でした(笑)。 最初に... Weblog: 金融起業家 河合圭のオフショア投資ブログ racked: 2010-08-16 22:38